2019年12月12日木曜日

ねぶたとねぷた

こんばんは、こうちゃんです。

意外と他県に知られておりませんが、
観光資源で有名な、青森のねぶた、実は、もうひとつ、ねぷたもあります。


ねぶたで有名なのが青森市の「青森ねぶた」、
ねぷたで有名なのが弘前市の「弘前ねぷた」

ねぶたとは、古来日本で、旧暦7月7日の年中行事として、すなわち七夕行事の一つとして行われてきた夏祭りの一類型である。太陽暦(新暦)の導入以降は元来の七夕との関連性は薄れ、8月1日から一週間ほどかけて行われる夏祭りへと変容した。東北地方から北関東にかけて東日本各地で行なわれてきたが、近世以降の津軽地方(江戸幕藩体制下においては弘前藩領。明治維新以降の青森県西部)においてはとりわけ盛んで、祭りの形態も主にこの地で進化・発展を遂げてきた。今日では、ねぶたという祭りの類型は南関東や北海道にも拡散している。「ねぶた」と呼んで仮名表記するのが、最も広く知られる表現であるが、「ねぷた」と呼ぶ地域(弘前ねぷたなど)も多く、なかには漢字の当て字で「佞武多」と記して「ねぷた」と読みならわす地域(五所川原立佞武多)もある。また、かかる祭事(あるいは催事)は「ねぶた祭/ねぶた祭り(ねぶたまつり)」ともいい、通称ではあるが、当事者もこれを正式に用いる。加えて、ねぶた祭で使われる山車灯籠を指して「ねぶた」「ねぷた」ということもある現状では、混同されることも致し方ない。発音は共通しており、「ねふた」または「ねんふた」が用いられることが多い。


弘前ねぷたまつり(ひろさきねぷたまつり)は、青森県弘前市で開催される弘前四大まつり(弘前さくらまつり、ねぷた、弘前城菊と紅葉まつり、弘前城雪燈籠まつり)のひとつである夏祭り。

大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声とともに、武者絵が描かれた山車を引いて市内を練り歩く。弘前ねぷたには扇ねぷた(扇型)と組ねぷた(人形型)があり、総数約80台の県内最多のねぷたが運行される。

弘前のねぷたが「neputa」であるのに対し、青森のねぶたは、「nebuta」と表記ならびに発音が固定化されたのは昭和55年(1980年)の国の重要無形民俗文化財に指定されてからのことで、現在でもどちらもねぷた、ねぶたと両方の呼ばれ方がある。
形状としては、弘前は扇型が主体で、青森は人形の灯籠というイメージがあるが、弘前の扇形ねぷたは明治以降の形態であり、それ以前は箱型や人形型(組ねぷた)の灯籠が主体だった。現在でも組ねぷたを製作する団体が6団体ほどあり、主催者も組ねぷたを推奨している。弘前の組ねぷたは、上部から人形、高覧、蛇腹、板隠し、開き、額で構成されており、後面には扇ねぷたと同様に見送り絵が描かれている。


こうちゃん

2019年12月10日火曜日

平均寿命全国ワースト

こんばんは、こうちゃんです。

こ、これは、悲しき情報なのですが、
全国で、平均寿命ワーストの県となっております。

寒い土地のお約束で、食事の塩分が濃いのですが、
青森はその中でも特に濃いとされています。

そのためか、高塩分由来の健康を害することが多く、
平均寿命が短いとされています。


こうちゃん


2019年12月3日火曜日

大間のマグロが名物

こんばんは、こうちゃんです。

青森県と言えば、日本人の大好きなマグロの名産地として有名ですが、
特に大間のマグロが青森の一大ブランドマグロとして有名です。

こちらで水揚げされるマグロは、通称本マグロと呼ばれるクロマグロです。

テレビでも特集される、築地市場での初競りに出される高額マグロも、たいていこちらのクロマグロになります(少なくとも近年の億単位の高額競りになってからはいつもここの)。


こうちゃん




2019年11月22日金曜日

りんごは日本一

こんばんは、こうちゃんです。

もちろん言うまでもないですが。
青森県のりんご生産量は毎年日本一です。
りんご県などと呼ばれるほどにりんご生産に力を入れています。

だいたい毎年年間40万tほどの生産量を誇る圧倒的なりんご生産県です。

あるあるというか、ただの県情報のひとつではありますけど、
基本的事項なので、押さえとこうかなと。

こうちゃん


2019年10月19日土曜日

青森とは

こんばんは、こうちゃんです。

まずはこのブログで主題にしていく舞台になる、
青森県の情報でも載せていこうかと。


青森県(あおもりけん)は、日本の本州最北端に位置する行政区画及び地方公共団体。県庁所在地は青森市である。県の人口は全国31位、面積は全国8位。令制国の陸奥国(むつのくに、りくおうのくに)北部にあたる。

青森県は東北地方の最北部でもあり、岩手県、秋田県を含む北東北の県である。県の人口は約125万人であり、日本の総人口の約1%を占め、県の面積は9,644km2で、国土の約2.5%を占める。県内の市町村数は40で、うち市は10、町は22、村は8あり、8つの郡がある。県人口の52%は青森市、八戸市、弘前市に居住する。

東は太平洋、西は日本海、北は津軽海峡に面する。太平洋側の南に岩手県が、日本海側の南に秋田県が隣接し、津軽海峡の対岸に北海道が位置する。同海峡の中央部は公海(但し日本の排他的経済水域)であるが、同海峡を潜る青函隧道は公海下も日本の領土であり、ここで東津軽郡外ヶ浜町と北海道松前郡福島町が隣接している。

秋田県にまたがる世界遺産白神山地を有するほか、景勝地十和田湖をはじめ八甲田山、岩木山、下北半島の仏ヶ浦などの自然環境が数多く残されている。青森県の中央部には奥羽山脈が縦走し、西側の津軽地方と東側が南部地方(三八地方・上北地方・下北地方)ではそれぞれ異なる歴史や気候、文化、風土を持つ。

青森県は全国有数の農業産出県であり、食料自給率はカロリーベースで118%である。主要な出荷品目はリンゴ、ナガイモ、ニンニクが全国一の生産量である。漁業においても全国有数の水揚高である八戸漁港があり、サバ、イカが国内一の水揚げで、全国に出荷されている。

自然豊かで、おいしい食事情の県、特にマグロなどをはじめとする海産物の名産地となっていますね。



こうちゃん

2019年10月10日木曜日

ちょっと方向転換

こんばんは、こうちゃんです。

こちらのブログ、トランポリン好き筆者の日々の日記、世間でオープンになっている無料ブログ情報などのご紹介として活用しておりましたが、
このたびテーマを変えて書いていくことになりまして、
これからは、東北地方の1県で本州最北端の青森県にまつわるブログにしていこうかと思います。

自然豊かで魚もおいしい青森県の、自然にまつわるあるあるや、グルメ情報などを楽しくご紹介していけたらと。
よろしければ今後ともこちらのブログをどうぞよろしくお願いいたします。

こうちゃん

2019年9月26日木曜日

Seesaa BLOG

こんばんは、
燃えPaPaです。

今回は、
自由度が高く、高評価の無料ブログ、

Seesaa BLOG
http://blog.seesaa.jp/

を紹介します。

Seesaa BLOG、とは

サイドバーに広告やフリーのプログラム搭載可能、
インポート、エクスポートにより、他ブログサービスとのデータ融通可能
さらには、作成した1アカウントで、
5ブログまで作成可能。

ブログの設定したジャンルにおいて、
ランキング評価もあり、高順位のものは、
サイトトップからのランキングページで公開されたりして、
集客効果や、SEO効果なども期待できます。


以下、基礎情報

・ウェブマスター搭載: ○
・アナリティクス搭載: ○
・記事のソース編集: ○
・広告掲載: ○
・複数ブログ登録: ○(5ブログまで)


燃えPaPa